HOME -> 親切な人になる その1 -> 親切な人になる その1

親切な人になる その1

モテない男がモテるようになるようにはどうすれば良いか?

 

非常に根本的なことですが、考えてみると、答えは絞られます。

 

顔とかは限界ありますが、性格の面だったら、改善の余地があります。

 

少なくても初対面時の性格は気をつければ相手に好印象を与えることができます。

 

そこで僕は親切な人になる事にしました。

 

今の世の中、果たして親切な人がどのくらいいるのでしょう?かなり貴重な存在です。

 

 

優しい人になる・・・というと目標がずいぶん大きいですが、

 

親切な人になるというと、

 

こんなエロいことしか頭にないような僕でも何とかいけそうです!

 

岡野みたいに、カッコ悪くても、エロくても、親切だったら良いのです。

 

忘れてはいけません。

世の中の9割の男はイケメンではありません。

 

イケメンなんて、ほんの数パーセントです。

 

よって相手に「この人親切だ!」という第一印象を与えることができれば、こっちの勝ちです。

 

 

そんな強い信念を持った岡野は、親切な男になるように心がけました。

 

親切な行為として思い浮かぶもの・・・

 

それはやはり公共でのマナーに関するものだと思います。

 

その中でも「電車で席を譲る」というのはまさに王道とも言える行為だと思います。

 

そこで僕も親切アピールをするために、電車で席を譲ることにしました。

 

しかし地下鉄だと駅から駅の区間が短く、

 

アピールできる時間が短いため、電車に乗ることにしました。

 

もちろん最終的な目的はモテる男になるためなので、女性のいる車両を狙って・・・。

 

女性の車両を狙ってって、決して痴漢ではないですよ!

 

割と人が混んでいる車両でしたが、何とか座れて、

 

しばらくするとまた人が入ってきました。さて誰に席を譲ろう?

 

ここが非常にポイントです。親切な人になって、周りから評価を受けて、

 

モテるようになる、もしくはモテるきっかけにでもなればというのが目標です。

 

そのため、誰に席を譲るか?それからどのタイミングで譲るのか?がポイントです。

 

しばらくしたら、お婆さんがいたので、お婆さんに席を譲りました。

 

これは王道中の王道です。

 

まさかアニメでよくあるようなシーンが出てくるなんて自分でもビックリです。

 

岡野:「ど、どうぞ」
 
婆:「あら、ありがと~。」
 
周りの人:「・・・(-_-)」

 

何も起こりませんでしたが、席を譲るということ自体は成功です。

 

確かに一回の親切行為で効果が出るなんてことは期待していません。

 

何回かやっているうちに、

 

偶然その姿を見た人が「あら、素敵!」

 

と思ってくれるまで僕は席を譲りまくります。

 

 

しばらく経つと席がまた空いて、それに僕が座って、混んできて、また譲っての繰り返しです。

 

そうしているうちに聞いたこともない駅に着いてしまいました。

 

 

この日、席を譲った人の中にはお婆さんやお爺さん、中には妊婦さんまでいました。

 

「ありがとう」と言って喜んで座る人もいれば、

 

「もうすぐ降りるから」と言って座らない人など、いろんな人がいます。

 

 

思ったのは、この作戦、顔見知りでないと効果が低いです。

 

今日席を譲った人達、それからその行為を見ていた周りの人達・・・

 

この人達は今後会うことはほとんどないと思います。それに会ってもわからないでしょう。

 

しかし、毎朝乗る電車なら?同じ時刻の同じ車両なら?

 

通勤時に乗る車両というのは、大体毎日同じ人ばかりだと思います。

 

サラリーマンや女子高生、OLなど、

 

毎日乗っているとなんとなく顔も覚えてうると思います。

 

そこで僕は、毎朝乗る車両で席を譲ることにしました。

 

毎日席を譲っていれば、

 

「あの人、顔気持ち悪いけど、毎日席を譲っている」

 

と徐々に周りの人も気づいてくると思います。

 

そうすれば、声もかけやすくなると思います。

 

結果を出すまでに時間がかかるかもしれませんが、毎朝席を譲る作戦にしました。

 

 

<検証結果>
 
親切心はモテる男の基本。
 
たとえ評価がなくても、親切をすべし。



親切な人になる その1モテる男の方程式! モテない男が徹底検証 モテる男.com