HOME -> ダイビング中に酸素が・・・ -> ダイビング中に酸素が・・・

ダイビング中に酸素が・・・

 

a0800_000205.jpg

男が一番カッコよく見える行動って、

 

やっぱり女の子を助けに行く時ですよね!

 

よくあるのが、悪の組織に女の子がさらわれてしまい、

それを救うために男が悪の組織に立ち向かうという行動です。

 

まぁ、現実社会では、そんなことがあったら、すぐ警察ですけど。

 

 

もっと現実的なのは、

暴漢に襲われている女の子を助けたり、

災害の中1人暮らしで困っている女の子の元へ駆けつけてあげたり、

道端で財布をなくした女の子を助けてあげたり、

このあたりだと思います。

 

やっぱり頼りになる男性は本当にカッコイイです。

女の子は守ってもらいたいと思っているものなので、

こんなことができればすごく尊敬されます。

 

チャンスはなかなか訪れないものですが、

それだけ効果はあります。

 

 

そういう企画をやってみたいなぁ~とずっと考えていました。

 

そんな中僕にもチャンスがやってきました。

会社の仲間でハワイに社員旅行に行くことになりました。

 

 

僕が描いたストーリーはこうです。

溺れている女の子を海猿のごとく一目散に泳いで駆けつき、

その女の子を助けてあげるということです。

 

僕は実際に泳ぎには自信があります。

特に選手に選ばれた訳でも、水泳部に所属していたわけでもありませんが、

なぜか自信はありました。

 

 

そのため、あとはシュチュエーションだけです。

ダイビングをすると言っていたので、

誰かがタイミングよく「酸素が・・・。」みたいな事態になれば、

海猿岡野が救出しに向かいます。

 

最悪、溺れていなくても疑わしかったら、

海猿岡野が出動しようと思っていました。

 

「あ、溺れていると思って、必死に泳いできた・・・。」

なんて言えばカッコイイですよね?

 

 

ハワイは4泊です。

ダイビングをするのは最後の日でしたが、

その間も普通にビーチで泳いだりするので、

誰か溺れたりしないか、海猿岡野は監視の目を光らせていました。

 

 

2泊目も海で遊んでいると、

K君がサンゴで軽く足を切ってしまいました。

(サンゴって実はすごく硬いのです。)

 

いいんです、あんなのは。

K君だったし、ただのかすり傷だったので、

海猿岡野は出動しませんでした。

 

当のK君は「イテテ・・・」とバカみたいな顔をして言っていましたが、

同じ部屋だったけど、放っておきました。

 

K君「岡野さんもサンゴには気をつけた方が良いですよ!」

 

岡野「・・・・。」

 

 

そして3泊目、事件は起こりました、

この日はちょっと遠くの海まで船で行って遊んでいました。

そこはいつも行くビーチとは異なり、少し深めでした。

 

そんな中、会社のシステムの女の子が溺れたのです。

正確にいうと、足を持っていかれてバランスを崩して、

倒れてしまったそうです。

 

 

それを遠くで見ていた海猿岡野はすぐに出動しました。

必死に泳いで駆けつけました。

 

そんな中、足に激痛が走りました。

サンゴで足を切ってしまったのです。

必死にバタ足をしていた分、衝撃は恐らくK君以上でした。

 

海猿岡野、ここで救出を断念しました。

ふと女の子の方を見ると、周りの人が気遣ってくれて、

 

「大丈夫??」

「なんか、足持ってかれただけ。アハハ」

 

なんて周りの人と楽しそうに言っていました。

 

 

海猿岡野は女の子を救えないどころが、

K君の二の舞になってしまいました。

 

海でのかすり傷は地味に痛いです。

 

その夜、K君に

「だから言ったじゃないですか~!!」

なんて言われてしまいました。

 

 

ちなみに最終日のダイビングは、

プロのダイバーの下で、

安全に楽しく行うことができました。

 

 

<まとめ>
正義のごとく女の子を救うようなチャンスなんて、なかなか訪れないもの。
だからこそ、自分の力を鍛えて、もしもの時に備える必要がある。
 
また人の忠告はちゃんと聞いておいた方が良い。



ダイビング中に酸素が・・・モテる男の方程式! モテない男が徹底検証 モテる男.com