HOME -> キャバクラでモテるには? 

 

a0790_000685.jpg

キャバ嬢というと慣れていない人からすると、

まるで男性の扱いにも慣れていて、

口が達者なイメージという何だか特別な存在のようにも思えてしまいます。

 

しかしキャバ嬢も普通の女の子です。

嬉しい時は笑い、傷付いたら泣きます。

 

確かにキャバ嬢ということで、

仕事上男性と接する機会が多いため、

口説かれることに慣れていたり、

トークが上手かったりしますが、

特別なことはありません。

 

緊張せずに普通に接してあげましょう。

『モテる恋愛心理学無料講座』のコーナーでもあるように、

普通の女の子と同じく、褒めてあげたり、ちょっとした気遣いがあるだけで、

キャバ嬢からはとてもありがたく思われます。

 

例えば、服装や髪型などを褒めてあげましょう。

『モテる恋愛心理学無料講座』でも行った通り、

相手の細かい部分を褒めてあげたり

コンプレックスに思っている部分を逆に褒めてあげましょう。

 

 

また、気遣いも大切です。

キャバクラなのに客も気遣いをするの?と思う人もいるかもしれませんが、

やはり楽しく飲むためには、相手が一方的に気を使ったままではなかなか心から楽しくは飲めません。

なるべく女の子に仕事をさせないようにしましょう。

 

 

キャバ嬢だからといって構えず、

普通に接してあげましょう。

キャバ嬢も女の子 モテる男の方程式! モテない男が徹底検証 モテる男.com

キャバ嬢はお仕事です。

 

そのため、気に入った女の子を見つけて、

いくら口説こうと思っていても、

キャバ嬢達はお仕事と恋愛を一線引いているため、

なかなか口説けないものです。

 

では、キャバ嬢を落とすことはムリなのか?

というとそんなことはありません。

 

キャバ嬢を口説くためには、

口説きにくいキャバ嬢と

口説きやすいキャバ嬢を見分ける必要があります。

 

口説きにくいか口説きやすいかは、

キャバ嬢がキャバクラに対する仕事の姿勢を見ればわかります。

 

つまり、キャバクラをきちんと仕事と恋愛を区別しているかどうかです。

 

冒頭でも説明しましたが、ちゃんとしたキャバ嬢達はお客さんとは一線を引くようにしています。

そうしなければ、仕事として成り立たないですよね?

 

それにお客さんと付き合うということは、

お店側にバレてしまったら彼女達にとってもペナルティーの危険性があります。

そのため、そう簡単にはお客さんとは付き合わないようにするものです。

 

 

しかし、全てのキャバ嬢がそうなのか?というと実際にはそうでもありません。

バイト感覚で働いている女の子も多いのです。

 

バイト感覚で働いているような女の子の場合、

正直普通の女の子とほぼ変わりません。

 

キャバクラに腰を据えて本業として生きていこうなんて考えていなく、

学生さんや、もしくは昼に別の本業をしていて、バイト感覚でやっている子も多いです。

 

そのため比較的キャバクラ自体にも慣れていなく、

本業として長いこと働いているキャバ嬢に比べて、

口説き慣れていないというのもあり、口説きやすいのです。

口説くのであればこのようなキャバ嬢を狙いましょう。

 

では、どうやって、本業としてキャバクラで働いている子と、

バイト感覚で働いている子を見分けるのかというと、簡単です。

 

出勤日を聞けば良いのです。

週に1~2回の出勤であれば、パートタイムと思って良いでしょう。

そのため比較的口説きやすいキャバ嬢です。

 

 

また直接聞くというのもありです。

さすがに「パートなの?」とはなかなか聞けないかもしれませんが、

「学生なの?」

「普段何やっているの?」

程度の質問であれば、そこから推測できますね。

質問できるのであれば、質問しましょう。

口説きやすいキャバ嬢と口説きにくいキャバ嬢の見分け方 モテる男の方程式! モテない男が徹底検証 モテる男.com

【誰にでも優しく接してあげる】

 

キャバクラで働く女の子から一番好まれる飲み方は、

綺麗な飲み方です。

 

綺麗な飲み方とはどういう飲み方かというと、

誰にでも優しく接してあげて、楽しく飲むという飲み方です。

 

 

目当ての女の子が他のお客さんについてしまい、

代わりの女の子が来たとしても、その女の子に文句を言うことなく、

優しく接してあげるお客さんは高感度が高いです。

 

お店の中では立場上はお客さんの方が上ですが、

最低限のマナーを守って楽しく飲みましょう。

 

キャバ嬢も女の子ということを忘れないようにしましょう。

キャバクラで好まれる男性のタイプ1 モテる男の方程式! モテない男が徹底検証 モテる男.com

【お店の空気を読んでくれるお客さん】

 

キャバ嬢は仕事中です。

 

たとえこっちが楽しく飲んでいたとしても、

他のお客さんに付かないといけない場合だってあります。

 

そのため、逆の立場になって考えてあげるということが大切です。

 

また、お店が混んで来て忙しくなって来たら、

長居をせずに適度な時間で帰るということも重要です。

 

お店が混んで来たのに、

目当ての女の子を待ち続けるよりは、

今回は帰って、

また次回訪れた方がとてもスマートです。

 

キャバ嬢にとっても、

せっかく来たお客さんを待たせたままにしておくというのは心苦しいものです。

キャバクラで好まれる男性のタイプ2 モテる男の方程式! モテない男が徹底検証 モテる男.com

【経験や知識が豊富でためになる話をするお客さん】

 

キャバクラに行くとおじさんをよく見かけます。

僕よりももっと年上で、時にはハゲ散らかっていて、

僕の方がまだイケメンに近いんじゃないかというようなおじさんが、

キャバクラではとてもモテているということがあります。

 

お金のせいなのかな?と思ったこともありますが、

別に高そうな服を着ている訳ではないし、

お酒もたくさん頼んでいる訳ではないのです。

 

 

おじさんがなんでモテるのか分かりますか?

 

知識や経験が豊富だから話を聞いていてとても楽しく、

参考にもなるからです

 

確かに若いキャバ嬢にとっては、

経験できないようなことも知っているので、

すごく興味があるのかもしれませんね。

 

キャバクラに行くと、

おもしろい話をしようとまるでお笑い芸人のようにすべらない話を始めたり、

司会並みに場を仕切ったりする人がいたり、

自分の自慢話を始めたり、様々な人がモテようと必死になりますが、

一番キャバクラで受ける話は、

知識や経験を話すということです。

 

おもしろい話よりも、魅力的な話をできるようにしましょう。

 

そのためあまりガツガツせず、

スマートに見せた方がモテるのです。

キャバクラで好まれる男性のタイプ3 モテる男の方程式! モテない男が徹底検証 モテる男.com

【泥酔】

 

これはもう当たり前というが論外ですね。

モテないというだけでなく、お店からも嫌われてしまいます。

最悪出禁になってしまいます。

 

お酒を飲むお店なので、泥酔しているお客さんは珍しいことではないのですが、

やはり嫌われてしまいます。

嘔吐や、昏睡なんて論外です!

 

 

自分が酒豪だということを見せて、

酔うまで何杯も飲んだりする人がたまにいますが、

お酒のお店で勤めているキャバ嬢にとって、

酒豪は別にすごいことではありません。

 

 

何杯飲めるか競い合って飲むよりも、スマートに楽しく飲みましょう。

キャバクラで嫌われてしまう行為1 モテる男の方程式! モテない男が徹底検証 モテる男.com

【セクハラ】

 

当たり前といったら当たり前ですが、キャバクラはお触り禁止です!

 

お酒を飲んで、綺麗な女の子が居たらやっぱりいやらしい気持ちも出てくるお客さんもいるようです。

 

キャバクラでよくあるようですが、

女の子を嫌な気持ちにさせるためやめましょう。

 

 

では手を握るのはどうなのかというと、

普通恋人でもない女の人と手を握りますか?

 

キャバクラだから良いなんて通用しません。

女の子は引いてしまいます。

 

言葉でもそうです。

酔ったからと言って、

女性が嫌がる話はしないようにしましょう。

キャバクラで嫌われてしまう行為2 モテる男の方程式! モテない男が徹底検証 モテる男.com

【横柄な態度】

 

お酒を飲むと自意識過剰になったり、

自分は偉いと勘違いするような人が時々います。

また、客だからと言って威張る人も少なくありません。

 

やはりそういうお客さんはキャバ嬢から嫌われるみたいです。

 

 

そういうつもりではなくてても酔うと熱い話からついつい説教を始める人もいて、

「なんでこんなことやってるの?」

「将来どうするの?」

「親知っているの?」

などキャバクラ自体を否定するような発言をするような人もいます。

これらの質問はNGです。

 

自分だってキャバクラに来ているのだから、

そこは聞かないのがマナーです。

キャバクラで嫌われてしまう行為3 モテる男の方程式! モテない男が徹底検証 モテる男.com

キャバクラは自分のモテ具合を試す絶好の場であり、

会話の練習には最適な場でもあります。

 

しかし、冒頭でキャバ嬢も女の子と言及しましたが、

キャバ嬢はあくまで商売です。

お客さんをおだてます。

自分がウケている、モテると勘違いして、いい気にならないようにしましょう。

時折自分を客観視することも大切です。

 

キャバクラは基本的に誰でもモテます。

そこに勘違いして、自分はモテると思い込み、何十万円、何百万円も使い込んでしまわないようにしましょう。

 

勘違いをしないようにキャバクラだけにハマらずに、時々合コンなどに参加をして、

自分のレベルを確認することも大切だと思います。

キャバクラ中毒にはならない! モテる男の方程式! モテない男が徹底検証 モテる男.com