HOME -> モテるファッション・服装とは? 

 

a1400_000086.jpg

タイトルにもある通り、

 

「優しい人はモテるのか?」


答え 「全然モテてません」

 

そうです。

優しいだけでモテたら苦労しません。

僕は35年間生きてきてそれを痛感しました。

いくら優しくしていても、結局ある程度見た目は重要です。

 

そこで考えなければいけないのがファッションです。

ファッションは努力次第でドンドン良くなります。

女性に対しての接し方を改善するよりもラクです。

 

ちなみに僕も、このモテる男.comを手がける前までは、

本当ゴミを身にまとっているようなファッションをしていました。

 

 

僕はファッションに全く興味がなく、

心から『日本全国民制服化』を願っていました。

 

日本全国、みんな制服を着ていれば、

服に悩むどころが、

僕みたいなゴミ服人間でも服に困らなくて済むわけです。

 

日本全国制服になったら問題となるのが、

制服の乱れです。

 

思い出して下さい、中学高校の時、ちょっとイケてる人達は、

シャツのボタンを開けたり、ズボンを下げて履いていたり、

自分なりにアレンジして着ていませんでしたか?

 

そういう人達は取り締まれば良いのです。

これにより、ファッションで、モテるモテないという問題がクリアされます。

 

 

そんな過激な思想を持っていた岡野でしたが、

最近ファッションというものを少し気をつけるようになってから、

段々と良くなってきました。

 

ファッションを気をつけると言っても、

必ずしもコンビニに陳列してあるファッション雑誌を常に買う訳ではなく、

インターネットで調べれば良いのです。

 

最近の服の通販サイトは、

服を売っているだけでなく、

お手本にしたいコーディネートを解説しているサイトもあります。

そこで調べれば良いのです。

 

また、ネットで買うのは良いです。

店舗で買うよりも安く買えることもあります。

ただし、サイズには注意しましょう。

 

僕はネットで適当に服を買ってしまったため、

全てサイズが大きくなってしまい、

まるでB系のような服になってしまったことがあります。

 

 

「まぁ、いいや」と思って、その服を着て会社に行ったら、

向かいの席のY君から、

「今日ヤンキーじゃないですか!!」

と朝から大声で指摘を受け、

その日一日中会社の人からクスクス笑われたということがあります。

 

そんな体験をしないためにもサイズ感は非常に重要です。

 

 

ファッションは必ずしも高い服を買わなければいけないということではありません。

 

考えてみてください。隣にいる人が着ている服、

いくらかわかりますか?

 

ちなみに僕の隣にいるY君は、

ゴミみたいなファッションをしていますが、

大概他人の服っていくらかはっきりとは分かりませんね。

 

高級なブランドでない限り、

高い服と言われば高く見えてしまうし、

安い服と言われればそう見えてしまいます。

 

そのため、安い服でも、コーディネートをしっかりしていれば良いのです。

 

 

さて、女の子受けするファッションって何でしょう??

これは、女の子によって異なります。

「カジュアルなファッションをして欲しい」

「綺麗めなファッションをして欲しい」

など様々な意見があります。

 

そのため、この要望に答えるのは難しいです。

 

 

そこで、モテるファッションの正解は、

女の子受けするファッションをするのではなく、

『女の子受けしないファッションを着ない』

ということです。

 

 

岡野が始めたのはこの「女の子受けしないファッションをしない」

ということを目指しました。

 

女の子受けしないファッションをすることで、

失敗はしないと思います。

 

女の子受けしないファッションとして多い意見は、

・露出が多い
・個性的過ぎる
・派手過ぎる
・汚らしい

 

などのようです。

 

これらのファッションだけを避ければよいのです。

 

僕が当てはまっていたファッションは、

露出が多い訳ではなく、

個性的過ぎる訳ではなく、

派手過ぎる訳ではなく・・・・

 

汚らしいファッションでした。

間違いないです。

 

ヨレヨレのシャツに、

ヨレヨレのズボンでした。

靴も汚かったです。

 

さすがにこのファッションは、

日本全国民制服化になっても取り締まられるようなファッションでしょう。

 

そこで少しずつですが、改善をしました。

 

ファッションは自分の好み、TPO、体格などの問題もあるため、

一概にどのファッションということは言えませんが、

このように、女性がして欲しくないというファッションを避けるだけでも、

かなり改善されます。

 

全くわからなければ、ネットやお店で飾ってあるようなコーディネートをそのまま買っちゃえば良いのです。

 

ファッションは時間をかけてでも絶対に直しましょう。

 

 

<ポイント>
日本全国民制服化にならない限り、モテることとファッションは密接である。
どんなファッションをして良いか分からない場合は、女性側の立場に立って、「して欲しくないファッション」を避けるようにしよう。

モテるファッション・服装とは? モテる男の方程式! モテない男が徹底検証 モテる男.com

ファッションで気をつけたいことは、

女性ウケしないファッションを避けると説明しましたが、

だからといって毎回同じような服装では飽きてしまいます。

 

場面によってそのシチュエーションに最も適した服装をすることが重要です。

 

【デートの時】

デートをする際、やはり他の場面に比べて最もオシャレをしなければいけません。

自分が一番自信のある服や、相手が好む服を着ることが望ましいですが、

デートの場所が遊園地のようにかなり歩くようなデートになりそうな場合、

歩きやすい格好をした方が良いでしょう。

 

デニムやスニーカーが最も無難です。

かかとの高い靴で、硬いコンクリートを歩いていると相当疲れます。

 

また、長いデート、昼間は暖かくても夜寒くなるということもあるため、

体温調節をしやすいようにシャツを羽織ったりすると良いでしょう。

 

いろいろな物を取り出したりしまったりするため、

カバンがあればとても便利です。

 

 

【レストランで食事をする場合】

食事をするレストランにも寄りますが、

高級レストランの場合はフォーマルな格好が求められます。

 

さすがにジャージで行く人はいないと思いますが、

カジュアルすぎる格好よりもスーツにネクタイとまではいかなくても、

軽くジャケット等は羽織りたいところです。

 

【家で遊ぶ場合】

彼女を家に呼ぶ場合、あまりカッコウつけすぎるとかえって不自然です。

ジャージのような格好でも良いでしょう。

ジャージにシャツくらいが自然ですが、

あまりにもラフすぎるような格好にならないように注意しましょう。

間違えるとヤンキーのような格好になってしまうため、

ジャージこそ気を使って選ばなければいけません。

 

 

 

このようにファッションは女性ウケを気にするだけでなく、

同時にTPO(時間、場所、場合)を気にしなければいけません。

 

少しでも気にかけていれば、ファッションはドンドン良くなります。

日々鏡の前でチェックをして、センスを磨きましょう!

 

場面別で考えたい服装 モテる男の方程式! モテない男が徹底検証 モテる男.com