HOME -> モテるメール技術無料講座 -> 返信のタイミング

返信のタイミング

メールアドレスを交換して、

次第にメールをするようになったら、

返信を送るタイミングにも気をつけましょう。

 

よくメールが来たら、すぐに返せるのにも関わらず、

わざわざ30分ほど待ってからメールを送るという人がいます。

これによって、忙しい自分を演じることができるためです。

 

確かにこの方法も合っているのかもしれませんが、

メールはできるだけすぐ返してあげた方が、

相手にとっても良いでしょう。

 

 

考えてみてください。

相手が今自分にメールを送っているということは、

相手は今、この時間ならメールをやり取りする時間があるということです。

であれば、時間をおくのではなく、

すぐに返してあげた方が効率が良く、

長くメールのやり取りができます。

 

あまり時間を空けすぎると、

「何の話をしてたっけ?」となってしまい、

なかなか盛り上がらないようなメールになってしまいます。

 

例えば、忙しい男をアピールするために、

30分の時間をあけてメールをしたとします。

相手がそのメールを読んで、返信が返って来て、

また30分後にメールをする・・・。

 

相手の返信時間にもよりますが、

メールの2通のやりとりだけで、1時間以上かかってしまいます。

これではなかなか盛り上がらないですよね?

 

 

ちなみに僕はメールを打つのがなぜか人よりも早いのです。

メールが来たらすぐに返さないとメールが来たこと自体を忘れてしまいそうなので、

メールが来たらなるべくすぐに返すようにはしています。

 

そして文章を打つのが早いから、

相手からよく、

「岡野に送ったメールが数秒で返って来た!」

とよく言われます。

 

僕はそれは相手にとっても良いだろうと思い、

好意でやっているつもりもあるのですが、

かえって気持ち悪がられることもあります。

 

こっちが好意でメールを早く返してあげているのに、

気持ち悪がられたり、暇人だと思われてしまうなんて、

悲しい話ですね。

 

 

メールが来たらすぐに返した方が良いですが、

相手に合わせて数分待つくらいが一番自然なのかもしれません。

ただし30分を超えるとやはり遅すぎのようにも感じます。

相手のタイミングに合わせて絶妙なタイミングで送るのがポイントです。



返信のタイミングモテる男の方程式! モテない男が徹底検証 モテる男.com