HOME -> モテるメール技術無料講座 -> 気持ちを伝えるメール術1

気持ちを伝えるメール術1

メールを送るのであれば、

相手に気持ちを伝えなければいけませんね。

 

しかし、メールを送ってみると、

文章だけで相手に気持ちを伝えなければいけないというのが、

どれだけ大変なのことなのか分かると思います、

 

そこで使うと効果的なテクニックを紹介します。

このテクニックを使うと、相手に気持ちを伝えやすいので効果的です。

 

 

【余白や改行を上手く使う】

 

電話では、声の抑揚などを使って感情を表しやすいです。

 

しかし一方メールでは文章だけなので、

なかなか感情を表しにくいです。

 

絵文字や、顔文字を使うという方法もありますが、

多用しすぎるとかなりチャラいメールになってしまいます。

そのため、あまり絵文字や顔文字を使わない方が良いです。

 

 

そこで、メールの装飾として、

余白や改行を上手く使いましょう。

 

余白や改行があることで、

相手にとって読みやすいメールを作ることができます。

 

メールの読みやすさは非常に重要です。

読みやすいメールは頭にスッと入ってくるため、

感情を伝えやすいのです。

 

 

そして、余白や改行があることで、

ロマンチックさを演出することができます。

改行を空けて順々に自分の気持ちを伝えていって、

最後に「好きです。」みたいな告白に持っていくと、

相手にも分かりやすいと思います。

 

例えば、メールの一番最後に2行ほど空けて、

「会いたいな。」とか書けばとても素敵な文章に見えます。

 

これがグダグダと仕事の話をして、

改行せずにそのまま「会いたいな。」

と書いても魅力が激減します。

 

やはり話題を変えるため、改行をした方が相手にも分かりやすいです。

 

また、絵文字や顔文字を使うよりも、

改行や余白で表現をした方が、真剣さが伝わるため、

ドラマチックに文章を展開することが可能です。

 

ただし、これらの改行や余白を多用しすぎると、
かなり見にくくなってしまうことがあります。

 

改行を空けすぎたことによって、

最後の文章が見落とされてしまったりすることもあります。

 

そして、改行をしたからといって、

メール自体が長くならないようにしましょう。

メールはあくまで短くして、

その中で改行などをしてロマンチックに見せる演出をしましょう。



気持ちを伝えるメール術1モテる男の方程式! モテない男が徹底検証 モテる男.com