HOME -> モテるメール技術無料講座 -> 読みやすいメールにするため気をつけること3

読みやすいメールにするため気をつけること3

【疑問文は1メールにつき1つ】

 

前述のまとまりのないメールの項目にも関連しますが、

たまに短いメールであっても2つの疑問文が存在するメールが届くことがあります。

このパターンのメールは非常に返しにくいものです。

 

 

ただし、

「明日来るよね?駅前でいい?21時頃で大丈夫??」

 

このように関連する1つの話題の場合の時は、自然に訊けるので返事も、

 

「うん、駅前で21で大丈夫!」

 

と簡単に返すことができますが、

 

これが例えば、

 

明日来るよね?駅前でいい?21時頃で大丈夫??
そういえば、この前貸したDVD観た?どうだった?
ちなみに明日は車で来るの?

 

みたいに疑問文の鬼のようなメールが来てしまうと、相手も返し辛いです。

 

僕はこのようなメールを送る人を、

心の中で「ハテナ人間」と呼んでいます。

 

このようなハテナ人間の送るメールは、

疑問文があればあるほど、その疑問文を見落としがちになってしまうため、

「送った質問に答えてない」という状態になり、

またもう一回同じ疑問文を送るという少し気まずい状態になることがあります。

 

疑問文は基本的に1つのメールに1回と心がけましょう。



読みやすいメールにするため気をつけること3モテる男の方程式! モテない男が徹底検証 モテる男.com